自己破産することによって起きる家族への影響

自己破産 家族への影響

自己破産することによって起きる家族への影響
自己破産の手続きは、多数の借金を抱えた人が財産を有していないために、返済能力が無いことを裁判所に認めてもらうことで、
借金の支払い義務を免れることができるものです。
自己破産を行うことで借金の全額について支払わなくて済むようになる代わりに、20万円以上の財産を処分しなければならなくなります。
自己破産を行った者が世帯主である場合には、住宅などの財産が処分されてしまいますし、新たなローンやクレジットカードの作成ができなくなりますので、家族への影響もあるものと言えます。
信用情報機関に自己破産を起こした事由が掲載されなくなるには10年ほどの期間がかかりますので、それ以降にならないと借り入れをすることはできません。
ただし、自己破産の手続きの効力が有するのは本人だけですので、家族の人が借金を返済しなければならないということはありません。
家族の人は信用情報機関に登録されていませんので、その方の名義であればローンを組んだり、新たに借り入れを行うことも可能です。

板垣法律事務所
板垣法律事務所
まずは、払いすぎた過払い金請求から。
過払い金返還の無料相談、初期費用無料、過払い金計算無料です。
債務整理に強い・定評のある弁護士事務所です。
http://itagakilaw-soudan.net/

板垣 法律事務所