自己破産と保証人の関わり

自己破産と保証人

自己破産と保証人の関わり
自己破産の申請を行い、免責を受けることが出来ればその人の借金がなくなることは理解できますが、借金の保証人となっていた人はどのようになるのでしょうか。債務者が免責を受けると保証人はその責任を負わなければいけません。そのため、債務者の借金を肩代わりする義務が生じるのです。そのため債務者が自己破産を行うと保証人に借金の督促がくるようになります。そのため、自己破産を行う場合には、保証人に対して事前に相談し、その後の債務整理の方法を検討することが必要になります。保証人にも返済能力がない場合には一緒に自己破産するということもあります。中には迷惑をかけることから自己破産を躊躇する人もいますが、それは問題の解決にはなりません。誠意を持って正直に説明を行い一緒に考えることが重要なのです。良くある事案として勝手に保証人にされていたケースなどがありますがこのような場合は返済義務はありません。専門家に相談して必要な処置を行いましょう。

板垣法律事務所
板垣法律事務所
まずは、払いすぎた過払い金請求から。
過払い金返還の無料相談、初期費用無料、過払い金計算無料です。
債務整理に強い・定評のある弁護士事務所です。
http://itagakilaw-soudan.net/

板垣 法律事務所