自己破産を考える前に

自己破産

当サイトは、借金返済に悩み、自己破産を考えている人のために、実体験を交え、債務整理・借金返済についての現状・テクニックを紹介します


借金 取り立てに追われる日々

督促・催促の電話
借金を問題なく返済出来ているうちはいいですが、少しお金の回りが悪くなってくると、債権者(消費者金融など)から督促・催促の電話がかかってきます。
家族や会社に内緒の場合も多いので、無視すれば直接、家や会社に来られても困るため、毎回対応しているとノイローゼ気味になります。

嫌な電話を止める方法
電話が鳴るたび、ビクっとなる生活から脱却したい。
とはいえ、借金を返済できる見通しがない。
そんな人も多いと思います。

お金返せ!の電話から、逃れる方法はあります!
それは、弁護士さんを介入させることです。
債権者に、あなたの代理人になりましたので、今後の連絡は、こちらにください
っと債権者に受任通知が送付された以降は、すべての債権者からの連絡は弁護士に行くので電話がかかってくることはありません。

【弁護士事務所に相談してみる:メール無料相談あり】
借金整理に強い板垣法律事務所:http://itagakilaw-soudan.net/



自己破産は最終手段

では、弁護士に依頼するにあたってどのような手法がいいのでしょうか?
借金の返済ができない = 自己破産でないことをまず覚えておいてください。

自己破産は、すべてを失います。
土地建物などの財産を失いますし、クレジットカードなどの発行で来ませんし、もちろん家族にも内緒ということできません。

ここで、自己破産以外の借金の整理方法を紹介します。

債務整理の方法
債務整理の方法には自己破産、個人再生、任意整理、特定調停といくつかの種類があります。
自己破産とは、その名の通り、裁判所を介し破産宣告を得て免責(借金を帳消し)を決定させることです。(すべてを失います。)
任意整理は、弁護士や司法書士を介して、借金の減額、分割での支払いなどを要求を求めるものです。(会社・家族に内緒で進められます)
個人再生は、借金を減額し返済負担を圧縮すると同時に、返済計画のもとに、その借金を返済していく方法です。
特定調停は、裁判所で調停委員を間に置き、債権者との交渉です。

この中で、多くの人が任意整理を選択する人が多く、
弁護士への相談も、内緒で借金の減額や過払い請求(返済しすぎたお金を返還してもらう)、毎月の返済額を減額してもらうなど依頼が多いと聞きます。

借金総額を減額し、毎月の返済金額が少し少なくなれば、自己破産することなく、通常の生活に戻れることでしょう。




弁護士事務所一覧

弁護事務所によって、判断はまちまちです。
最初から自己破産を解決法する事務所もあれば、債権者との交鈔を基盤に方向性を見出していく事務所、様々ですので、多くの事務所にお問合せして、相性が合いそうな事務所探しに役立ててください。

板垣法律事務所
板垣法律事務所
まずは、払いすぎた過払い金請求から。
過払い金返還の無料相談、初期費用無料、過払い金計算無料です。
債務整理に強い・定評のある弁護士事務所です。
http://itagakilaw-soudan.net/
板垣 法律事務所




弁護士法人中央合同法律事務所
弁護士法人中央合同法律事務所
経験が長く実績豊富な借金問題に強い弁護士事務所です。
相談料は0円です、■初期費用0円はかかりません(分割対応)
安心の成功報酬制度が人気です。
平日だけでなく土日祝祭日も対応(全国対応 出張可能)/
chuou-godou-law/
中央合同法律事務所



自己破産の流れについて
自己破産の手続きを成立させる流れとしては、まずは法律の専門家に依頼することになります。
弁護士に依頼することによって借り入れを行っていた貸金業者に通知を送付してもらうことになり、取り立てや返済についての督促を停止させることができます。
その後、貸金業者から借り入れの取引履歴を提出してもらって、法定利息の上限金利で計算をし直して、正しい債務の金額を確定させます。
借金問題を抱えている依頼者は必要な書類の収集や、申し立て書類の作成を行います。
自己破産の手続きの流れでは裁判所に受付を行うことになり、裁判官との面接を弁護士が済ませることで裁判所から破産手続き開始決定、同時廃止決定が出されます。
これによって借金の返済能力が不能であることを、法律的に認めてもらうことになります。
裁判官の面接を受けるために、弁護士と一緒に依頼者も裁判所へ行って免責審尋を受けます。
免責審尋を受けた後に裁判所から免責許可決定が出されて、依頼している法律事務所に送付されます。
免責許可決定が出されてから1か月経過してから、法律的に免責が確定して自己破産が成立することになります。



自己破産後に住宅ローンはできる?
自己破産をした後に住宅ローンを組むことができるのでしょうか。
結論から言えば100パーセント住宅ローンは組むことができません。
自己破産をしますと必ず自己破産をしたという経歴が金融業界で共有しているデーターベースに残ってしまいます。
そのデーターベースは住宅ローン会社も利用しているのです。
住宅ローンは長年にわたって大金を返済していくというものですので過去に自己破産をした人は信頼がありませんのでローンを組むことができないのです。
住宅ローンは消費者金融とは比べ物にならないほどに審査が厳しいですのでまず破産をしていればローンに受かることはありません。
ただし一生ローンが組めないということはありません。
自己破産をしたというデーターベースへの記録は年月の経過とともに消えていくのです。大体10年くらいは借りられなくなりますがそのあとは借りられる可能性もあります。
ただし、住宅ローン会社はかなり慎重ですのでここ10年で全くローンのみならずクレジットカードさえも利用していないということがわかりますともしかすると金融事故をしてしまったのではと見抜いてしまうことも少なくないのです。
ですので同じ収入でも、今はもう借金などしていなくても過去に自己破産をしたことのない人に比べて借りにくくなることは確かです。
このような事情があり、住宅ローンを将来的に利用したい人はキャッシングなどからお金を借りないようにと言われているのです。自己破産,住宅ローン